特殊印刷を専門にしておりますので変わったご依頼を沢山いただいております。まさに勉強の積み重ねです。

キーワードは『在庫を持たずに、これまでには無かった品物をご提案』です。主催者も、販売現場も常にお考えです。

サンプル制作から量産試作を短期間で行い、荷姿、バーコード、値札等までして納品します。

どの品物が現場でヒットするか解りません。しかし、時間をかけて調査して、デザインして、品物と印刷ロットを

検討し製品化して、売れなかったら在庫になる。と言う事は一切ありません。これからは、こういった物造りも必要だと

確信しました。一番悩むのは、大ヒットした際の量産態勢ができる品物でないと駄目だと言う点です。グラスの印刷で

失敗
したのは、100均で買った品物に印刷して納品して、追加が来て買いに走ったら、品切れで、問い合わせたら

その品は、販売終了しました。見たいな話です。デザイン→サンプル試作→量試作→大量生産→減産というイメージが

して開発しないと何時までたってもヒット商品にたどり着きません。こういった考えに賛同いただ企業様からの

ご相談をお待ちしております!!