印刷の新技術を使う事で、既製品に名入れ印刷ができるようになりました。パソコンで作ったデータをスマートペーパー(UV転写用紙)に印刷して、手帳印刷を仕上げます。従来の印刷方法では、版が必要、単色カラー、写真やロゴは不可能、印刷期間が長い、品物の素材が限定される、等の制約がありました。又、連番や相手のお名前を一冊づつ変える(可変印刷)事も、費用(版代)が大幅にアップするので諦められていました。又、印刷コストを押さえたい場合は、印刷仕上がりシート(スマートインレタ)を購入して内製印刷が可能です。もちろん手帳だけではなく、ファイルやケースなどにも可能です。
 今回はテスト販売ですので、暫定価格での販売ですので、その点はご留意ください。